タバコを2年かけてゆっくり禁煙、成功した方法。

スポンサーリンク
日々のこと

どうも、旦那です。

今回はタバコの禁煙について書こうと思うんですが、先に一番効果があった禁煙方法、というか本ですね。書いておきます。

スポンサーリンク

「タバコを吸わない」のではなく「もう吸わなくていい」という気持ち。

これ、禁煙といえば多分一番有名な本に書いてあった事なんですけど

「この本を取ったからにはもう、タバコを吸えなくてイライラする必要もない。タバコを吸う場所を探すために、ウロウロとゾンビの様に街を徘徊しなくてもいい。君はその呪縛から解き放たれていいんだよ。もう自由だ。」

「君は今からタバコを吸わない、のではなく、もう吸わなくていいんだ。」

みたいな感じだったかな?アレン・カーの禁煙セラピーって本ですね。

この本キッカケで禁煙について本気で取り組み始めました。やっぱ何か行動を起こす、お金を使う、っていうのは自分に影響を与えますよね。本を読むと時間も使うので「禁煙するかー!」って気が起きますよ。

アレン・カーさんは他にも禁酒セラピーって本も出してますが、僕はそれも最近読んで、減酒には成功してます笑 

あ、ちなみにアレン・カーさんは元々めちゃくちゃヘビースモーカーのアル中だったんですが、そこからの変化も書いてあって面白いですよ。

実体験だからこその説得力があります

なぜ禁煙に2年もかかったのか?

いきなりやめる!って事が出来る人、出来ない人いると思うんですが、禁煙に関して僕はできない人の方だったんですね。何度もチャレンジしては失敗して…。

現在進行で禁煙中の方いますか?めっちゃ吸いたくなりますよね?笑 もう「はぁあああああ」ってなりますよね? これを禁断症状というんですかね〜。

もうね、僕はこの症状を気のせいだと思うしかない、と決心したんですよ。もう自主的な洗脳というか、刷り込みですね。

禁煙セラピーにも書いてありましたが、そもそもタバコを吸わなくても何の問題もないし、悪い事しかないですから。

で、刷り込みには時間をかけるしかない訳ですよ。

何度も何度も、禁煙失敗しても「気のせい気のせい。もう忘れる忘れる吸わなくていい吸わなくていい」って、もう刷り込み刷り込み、洗脳洗脳。笑

これなら、明日やめるは無理そうでも、2年後くらいなら出来そうじゃないですか?

心が少し軽くなるというか「焦らなくていいかな〜」みたいなね。「そのうちやめるっしょ〜」みたいな。

僕にとって、たぶんこの「心の余裕」がとても重要だったのではないかと。

禁煙してるのに1本でもタバコを吸うと自己嫌悪に陥りやすいので、そこは「まぁまぁ」みたいなね。

なんくるないさ〜」精神ですね。

身近な人には「もうやめた」と言っておく

そして更に、身近な人には「もうやめた」と宣言することによって気軽に吸える場所を無くす、という荒技も途中から導入しました笑

こそこそコンビニに行って、一本吸ったら後は捨てる、ってのもやったな〜。

ニコチンもタールも入ってなくて、ただ煙が出て香りを楽しむ電子タバコも買ってみたり。

でも、たまーに一本だけ飲み会で吸ってしまったり…で、また刷り込み…とか2年やってたらいつの間にかやめてました。

今は全く吸いたいと思いません。

確固たる決意、よりも大事なのは習慣

自分の経験をもとに言えば、いかに「吸わない」を習慣づけるか、が鍵だと思ってます。

今まで「吸う」事を習慣づけてきましたよね。これを少しずつでも変えていく。

タバコを全く吸わない人って近くにいますよね?タバコ吸わなくて苦しそうですか?辛そうですか?違いますよね。

吸ってる人の方が遥かに苦しそうだと思います。将来の病気に怯えてる人も少なくないでしょう。

いらないんです。タバコなんて。大丈夫です。僕でもできました。2年かかりましたが、できましたよ。

タバコをやめて変わったこと・メリット

正直に言いましょう。

  • 味覚が良くなった!
  • 嗅覚が良くなった!
  • 肌が綺麗になった!
  • 体力がついた!
  • 筋肉がついた!
  • お金持ちになった!
  • 身長が伸びた!
  • 体重が減った!
  • 彼女ができた!

一つも無かったです。僕の場合はね。

ああ、でもね「タバコを吸っている」という罪悪感は消えました。

もう吸いませんよ。吸いたい、なんて1ミリも思わないので。お金も勿体ないし。

コメント