Amazon売れ筋、wifi中継機を3種比較。TP-linkなら失敗しない!

5.0
スポンサーリンク
日々のこと
旦那
旦那

どうも、旦那です。

Amazonで売れてる無線中継機を3種類買ったので、比較と、お勧めの機種を。

スポンサーリンク

TP-LinkのRE200、RE450、RE650の3つ

RE450

性能的にも価格的にもRE650>RE450>RE200の順なんですけど、真ん中のRE450が無難にお勧めかなーと思います!

僕の家お店やってて3階建でして。

その3階建をフルに使ってwifiの広げ方を色々と試してみまして、以下お勧め設置・拡張範囲です↓

  • 1フロア、平面で少しの範囲ならRE200
  • 2フロア(垂直約4メートル)、もしくは平面広め(コンクリートの壁を挟む)ならRE450
  • 3フロア(垂直約8メートル)、平面かなり広め(コンクリートの壁を挟む)ならRE650
    ※僕の家はお店やってる分普通の家より少し広いです。平面に関しては普通のご自宅ならRE450で十分だと思います。

やっぱり全体的に縦方向にはちょっと弱い印象を受けましたね。平面でも壁を挟むとその分弱まります。一応RE200でも3階で電波拾えてwifi広がりますが、途切れやすいのと接続するスマホやら機器が増えるとすぐ不安定になる印象を受けました。安いので仕方ないですが。

あと買うなら断然Amazonです。安いです。

使用したルーターはこちら:TP-Link WiFi 無線LAN ルーター Archer C6

RE450とRE650はデカイ

左からRE450,RE200,RE650。ピンポン玉との比較。分かりづらいですか?笑

これちょっと注意事項なんですが、上位モデル2つはデカイです笑 立ちます。

コンセントに挿す場合延長コードなどで床に置く様にしないと抜け落ちそうで怖いですね。

任天堂Switchと比較。分かりづらい?笑 とりあえずデカいんです!

あ、すみませんこれも注意事項ですが、僕の中継機やwifiに対する知識は一般的よりほんの少し高いレベルです。ですので逆に!詳しい人より皆さんの感覚に近いので参考になるかと!

wifi中継機設定方法

お勧めの設定方法紹介しておきますが、説明書の指示通りにやれば簡単でした。スマホで「Tether」ってアプリをダウンロードします。

TP-Link Tether
TP-Link Tether
開発元:TP-LINK
無料
posted withアプリーチ

起動したらマイデバイスを選択して

右上の+を押して接続する機種を選択

中継機の場合「レンジ エクステンダー」ですね

案内が始まるのでその通りに

次へ

ここから先も案内通りに。やってみれば分かりますが、超簡単です。名前もパスワードもすぐ変えられます。便利な時代です。

操作してるスマホ等のwifiを中継機に繋いで下さい。

こんな感じで設定完了。

wifi中継機は有線、無線があるがどっちがいいのか問題

そりゃもちろん有線の方が安定性高いですし、価格も安いです。ですが昔に比べて無線もだいぶ進化してるので、無線の方が僕はお勧めですね〜有線のコード邪魔ですし。

あと今回紹介したTP-Linkさん以外にも、例えばバッファローさんとか中継機、ルーター共に有名ですが、TP-Linkさんの方が個人的には良いかもな〜。

中継機は紹介した3つが設定も簡単で、速度も範囲も問題なくしかも価格も抑えらるし。ルーターも元々バッファローさん使ってたんですが、中継機買ったときに同じくTP-Linkさんのルーターに変えちゃいました。

これ!これもお勧めですね!なんせ信じられないくらい安い上に性能は文句無しなので。

TP-Link WiFi 無線LAN ルーター Archer C6

普通に使う分にはRE450がオススメ

繰り返しになりますが、ちょっとの範囲拡張が狙いならRE200。無難なのがRE450。僕みたいに1階のルーターの電波拾って3階にwifi飛ばしたい!って方はRE650をオススメします!

コメント