宮古島の紫外線に負けないUVケアを!子供〜大人の日焼け止めジェル

生活
旦那
旦那

どうも、旦那(@danna_no_hou)です。

宮古島の日差しは本当にヤバい。

特に夏、なんの対策もせず海で遊んだら背中や首の後ろは火傷のように熱くなります。酷い時は水ぶくれができて、ボッコボコになります。

本当に気をつけて欲しいので、島人のくせに肌が弱い僕が日焼け止めジェル調べまくってシェアする記事書きました。

スポンサーリンク

優しめの日焼け止め

【食品成分90%】マミー UVマイルドジェルN SPF33 / /PA+++

クマさんの外見が可愛らしい日焼け止めジェル。1歳のお子様から使用OK。

  • 無着色
  • 無香料
  • 防腐剤フリー
  • 無鉱物油
  • アルコールフリー

と、5つのフリー無添加処方を掲げています。

食品成分を90%使用し、弱酸性、低刺激の優しい使い心地なので、親子で安心してお使い頂ける上に、専用クレンジングオイル不要で、石鹸で簡単にオフできます。

旦那
旦那

宮古島のスーパーでも売ってました。

【嫁のおすすめ!日焼け止めと虫除けがセット】LimoLimo(リモリモ) リモリモ アウトドアUV

こちらも子供にも使える日焼け止めジェルでして、嫁が使ってるんですが、

「子供には、日焼け止めと虫除けは、一度に終わらせる方がいい。」

との意見をもらいまして、なるほど!と。娘(1歳)、暴れ回りますからね。笑

同じように、お出掛け前の準備をなるべくコンパクトに済ませたい親御様、是非使ってみてはどうでしょうか。

旦那
旦那

西松屋に売ってたんですが、あったりなかったりで。

Amazonで買った方がいいかもしれません。

強めの日焼け止め

【定番の王道】アネッサ パーフェクトUV スキンケアミルク SPF50+/PA++++ 

「とりあえず、みんなが使ってる強めのやつ教えて!」という方にはこちらがおすすめ。

ちなみに商品名の後ろについてる「SPF50+/PA++++」って意味は、この記事の一番下の方で詳しく説明しますが、簡単に言うと「最強」ということです。一番強い数値です。

【海でも絶対に焼かない】NALC ウォータープルーフ SPF50+ PA++++

「海でも絶対に焼かない」

をコンセプトに作られた日焼け止めジェル。

こちらも先程の商品と同じように、数値は最強のSPF50+ PA++++。

より一層、汗や水で落ちにくく再乳化しない最新の技術を採用してまして、さらに!

この6つのフリーを実現しており、敏感肌の人だけでなく、乳幼児も一緒に使えます。

旦那
旦那

とても良い商品なんですけど宮古島で見たことないので、通販限定なんですかね。

公式サイト貼っておきますので、商品の詳細はこちらからどうぞ。

NALC公式サイト

追記:実際に買って試している最中です。嫁は「化粧の下地みたいで塗り易い。これで健康的で安全なら良いね」と言っていました。

日焼け止めクリームの後ろについてる英語と数字はアレなんぞ?

皆さんアレがちゃんと、どうゆう意味か知ってますか?

「なんとなく、数字多ければ強いっしょ!」

「+が多ければ強いんじゃない?」

って思ってませんか?

 

 

まぁ、そうなんですけど…。(SPF50+ PA++++が最大値)

詳しい説明はこちらに書いてありますので、興味があれば。

SPFとPAの違いって?賢い日焼け止めの選び方-アネッサWEBサイト

さらに、こちらのサイトに書いてある、「日焼け止めジェルの効果的な使い方」を簡単にまとめて↓に書いときます。

日焼け止めジェルの効果的な使い方を簡単にまとめますと

  1. 炎天下のレジャー、海で遊ぶならなるべく「SPF50+ PA++++」の表記がある、強いジェルを使った方がいいよ!
  2. 軽いウォーキング程度なら「SPF30・PA+++」程度で十分紫外線から肌を守ることができるよ!
  3. いくら最近のジェルが優れているとはいえ、「絶対に焼きたくない」のなら、2時間おき程度に塗り直せばより強い日焼け止めの効果を得ることができるから、気になる方は用心してな!

って感じですね。

旦那
旦那

以上です!

きちんとUVケアして、思いっきり宮古島の自然を楽しみましょー!