ここ最近で一番良かった作曲の本はこれ「一発で記憶に残る曲を作る!9つのルール」【旦那執筆】

スポンサーリンク
趣味とか

割田泰彦さんの「一発で記憶に残る曲を作る!9つのルール」って本を最近買って読んだんですが、めっちゃ読み易くて、しかも面白かった。

作曲の本は今まで何冊か読んできましたが、もちろん書いてる人達はミュージシャンや作曲家さんな訳でしょうがないと思うんですが、ちょっと読みづらいと言うか…。

なんか、真面目?と言うか、教科書みたいな。いや、僕が読んできた本はね!

それでも「うおー良い曲書きたい勉強のためだ未来のためだ」とか何とか思いながら読んできたんですけどこの本「一発で記憶に残る曲を作る!9つのルール」はめっちゃ読み易かった

笑いを取りつつ良い知識も盛り込みつつ…エンターテイメント!でした。

こういう遊び心好きです

一曲をコース料理に例えたり、反復(リフレイン)の重要性を伝えてくれたり、メリハリのつけ方などを、実際にメロディを要いて教えてくれるので分かりやすい!

さらに筆者の性格なのか、たまに来る自虐的なネタがまた親しみを感じさせてくれて、嬉しい。笑

親しみを感じさせる文章

あんまりね、内容を具体的に書いちゃうと怒られるんでアレなんですが、買おうか悩んでいる方がこのブログに辿り着いたなら僕は買って損なし!だと思いますよ!

コメント